みずほ銀行カードローンの審査基準にはどんなものがあるか?

みずほ銀行カードローンの審査は何を基準に進めているのか?

みずほ銀行カードローンの審査は何を基準に進めているのか?考えられるのは三つあります。

まず一つは、やはり収入面です。借り入れの際に皆さんが一番気にされるところだと思います。収入が少なければ借りにくいわけでは無いですが、借入額は少なくなる可能性はあります。今では総量規制法も施行されていますし、年収の1/3までという点で気になるのは当然だと思いますが、みずほ銀行カードローンは銀行系なので総量規制対象外です。

二つ目は借り入れ状況です。先程の総量規制と話は繋がりますがいくらみずほ銀行カードローンが総量規制対象外と言えども他社の借り入れ状況によって審査はやはり変わってくるものと思われます。借り入れ額が多かったり、返済の遅延が発生していたりと取引において何か事故や不備等がないのかというのも審査の大切な対象となっています。

最後にあまり意識はしていないかもしれませんが信頼性も大切です。私はカードローン利用において最もこの信頼性が審査において大切なものだと思っています。みずほ銀行側も信頼性のある人にお金を貸して良好な取引をしたいでしょうし、もしきちんと返せないような人に貸すと返ってこない事もあり得るので、人間性を見られる審査もあると思います。

申し込み前に個人信用情報機関に登録されている情報を確認しよう

みずほ銀行カードローンの審査は、消費者金融に比べると銀行カードローンならではの与信力が必要となります。しかし、事前に与信力に問題がないことを確認しておけば、さほど恐れることはありません。

自らの与信力を確認する方法として、個人信用情報機関に対して信用情報開示請求を行っておくとよいでしょう。各金融業者ごとに使用している個人信用情報機関は異なりますが、あらかじめ審査に必要な個人信用情報機関を調べておけばどこに開示請求を行えば良いか分かりやすいです。

みずほ銀行のカードローン審査は、仮審査が出るまでの間はみずほ銀行が直接行っていますが、実質的な本審査は保証会社の保証が受けられるかどうかにかかっています。みずほ銀行カードローン指定保証会社は、信販会社のオリエントコーポレーションですから、個人信用情報機関として加盟しているCICに対して個人信用情報の開示請求を行えば良いでしょう。

既に他社で借り入れがある場合には、異動情報と呼ばれている滞納履歴がないか確認する必要があります。みずほ銀行カードローン申し込みを行う際に、他社借入状況だけでなく勤務先情報の詳細に記載する必要があるので、個人信用情報機関に登録されている内容と完全一致させる必要があります。

個人信用情報機関に登録されている内容をあらかじめ調べておくことは、保証会社による審査段階でもような追求を避け、審査に通過しやすくするための有効な手段となるでしょう。

この記事を関連するカテゴリー

[catlist categorypage='yes']

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です