みずほ銀行カードローンを利用した人の口コミ情報!

みずほ銀行カードローンを利用してみて

みずほ銀行カードローンを実際に利用してみて感じたことを述べたいと思います。

みずほ銀行カードローンを利用する際に申し込みや審査等は特に問題なく、スムーズにいきました。まずインターネットで基本情報を入力し、確認の電話がみずほ銀行カードローンからかかってきました。いくつか確認の点があり仮審査が行われ、30分程で仮審査は終わりました。

次に本審査にすすみましたが、本人確認や収入証明などを提出しました。注意した点は大切な書類ですので不備や誤情報などないように気を付けました。そして在籍確認があり、カードローンが開始されました。

私はもともとみずほ銀行の口座を持っていたので、キャッシュカードとカードローンのカードを一体型になったカードを発行してもらいました。これが便利な点だなと感じました。

みずほ銀行のATMに行って口座の入金も出金も出来ますし、またカードローンを同じATMで借り入れ、返済が出来るので他人の目を気にせずに出来ます。そしてカードローンの返済を口座から自動で引き落としをしてくれるので口座に入金さえしておけば大丈夫なので忘れる心配もありません。

また半年程経って増額の案内もきて利用額も上がりとても便利に使わせていただいてます。

みずほ銀行を利用しているとATMに案内が出る

みずほ銀行をメイン口座として利用している人ならば、時々カードローンの案内画面が出ることに気が付いているでしょう。取引状況からみずほ銀行側で判断した利用可能額の目安が表示されるので、参考にしてカードローンの申し込みが可能です。

ATM経由で説明を聞きたいと意思表示すると、電話連絡が銀行届け出済み電話番号に掛かってくるので、よく話を聞いて申し込むことが出来ます。あくまでもカードローンの案内電話ですから、正式な申し込みはWEB経由で行なうことも可能です。

みずほ銀行カードローンの詳しい審査の流れについては、電話連絡時に説明されますが、案内電話の段階で本人確認と申し込み意思の確認が行われて、次に保証会社からの連絡が入る旨を伝えられます。みずほ銀行指定の保証会社は、オリエントコーポレーションですから勤務先への在籍確認電話もオリエントコーポレーションから入ると思っておけば良いでしょう。

既にオリコカードを持っているなどの取引実績がある際には、在籍確認電話が省略されることもあるので、オリコカードの取引実績に問題がある場合には審査が通らないと考えられます。

保証会社の審査に通過して初めてカードローンが利用可能となりますが、最後に後日郵送されてくる契約書を記入して返送しなければなりません。

この記事を関連するカテゴリー

[catlist categorypage='yes']

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です