カードローン審査を申し込むときの注意点とは何か

ローンカードの郵送方法に注意!場合に因っては、家族バレのリスクがある!

カードローンの申し込みや契約について、周囲にバレないか心配する方は多い筈です。特に勤務先への在籍確認の電話や契約書類およびローンカードの郵送、利用明細書の郵送などは気を使います。基本的に勤務先への在籍確認は、契約者のプライバシーに配慮されており、バレる心配は少なくなっています。また、申し込みおよび契約手続きもインターネットを利用し、WEB完結で行えば契約書類の郵送を回避することができ、利用明細もネット明細にすれば郵送される心配が無くなります。しかし、注意するべき点はローンカードの発行となり、一部カードレス対応のキャッシング契約以外は自宅へ必ず郵送されることとなります。

そして、この際に注意するべき点として、本人受取限定か簡易書留かということです。本人受取限定の場合、本人しか受け取れないため家族バレの心配は回避出来ます。しかし、簡易書留の場合、家族であれば誰でも受け取りが出来るため、家族バレのリスクが残ります。

そのため、カードローンを申し込む際は、予め本人受取限定か簡易書留かを確認することが重要となります。心配な方は、本人受取限定のカードローンがおすすめになります。

カードローンは滞納や返済の遅れに注意

比較的低金利で融資が受けられるカードローンですが、その利用にあたっては計画性が求められます。お金を借りる際の敷居が低いカードローンではありますが、あくまでもそれを利用することは借金をすること以外の何物でもなく、滞りのないようにきちんと返済を続けていくことが肝心です。なぜならば、カードローンの滞納や返済の遅れがあったようなときには個人の信用情報に傷がついてしまうからです。

カードローンの滞納や返済の遅れは金融事故として処理され、いわゆるブラックリストに載ってしまうことになるのです。万が一、ブラックリストに載ってしまった場合、その情報は消費者金融や金融機関で共有されることになり、新規に借金を申し込む際に審査に悪い影響を与えることになります。つまり、ブラックリストに載った状態では肝心な時に融資を受けられない可能性が非常に高くなるのです。

そのため、カードローンに限らずお金を借り入れたときには返済期日を必ず守る心構えが大切になってくるのです。

この記事を関連するカテゴリー

[catlist categorypage='yes']

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です