カードローンの基本的な返済方法を解説!

カードローンの返済方法は?

カードローンでお金を借りたあとには、どのように返済をするのでしょうか。一番簡単な方法が口座振替での返済です。毎月決まった日に引き落としになりますので、日にちを指定できるのなら給料日の数日後に設定しておくと、安心できますね。ですが家族などにカードローンの利用がバレたくないという時には口座振替では都合が悪いです。

そんな時にはATMからの返済です。振込み返済もできますが、この場合には振り込み手数料がかかってしまいますね。手数料無料で返済できるのは提携ATMを利用した返済です。ただ自宅や会社付近にない場合には、わざわざ振込みに出かけるのは面倒に感じてしまいます。

そんな時に便利なのがコンビニATMです。コンビニでは大手消費者金融の返済が用意されていますので、機械を利用して返済をすれば手数料がかからない業者もたくさんあります。コンビニなら余程田舎ではない限り自宅や会社の近くにありますので、買い物に行ったついでなどにパパッと返済をすることができますね。

カードローンには2種類の返済方法がある

カードローンで借りたお金は必ず返さなければいけません。カードローンの返済方法を正しく知ることはとても大切です。返済方法は主に2種類の方法がありますので、使い分けましょう。まず1つが毎月決められた日に決められた金額を返す約定返済と呼ばれる返済です。

これは申し込みしたときに説明がありますが、毎月の返済を忘れると滞納した扱いになってしまい、繰り返すとカードローンの利用を停止されることもありますので要注意です。返済額は借りた金額が大きくなればなるほど毎月の返済額も大きくなります。

さらにこの毎月の返済では1ヶ月分の利息もあわせて支払っていきます。もう1つの返済方法は、いつでも自分の好きなときに追加で返済する方法です。これは毎月の返済だけでなくもっとたくさん返済したいときにATMなどから入金する方法です。追加返済をすることで支払う利息の総額を安く抑えることができますので、毎月の約定返済と任意の追加返済を組み合わせて早期完済を目指しましょう。

この記事を関連するカテゴリー

[catlist categorypage='yes']

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です